万维百科日语版

アクアマリン

Template:Otherueslist

アクアマリン

アクアマリン(Aquamarine)は、青色ベリル(緑柱石)である。名前はラテン語の「海水」を意味する語から。緑柱石のうち透明で青い色調のものの宝石名。和名は藍玉もしくは水宝玉。エメラルドより低価格で市販品の多くは緑色から黄褐色の緑柱石を熱処理したもの。サンゴブラッドストーンとともに3月誕生石。主要原産地はマダガスカルブラジルシベリア等。字義どおりには「海の水」を意味する。

色としてのアクアマリンも後述する。

宝石としてのアクアマリン

化学組成ベリル(Beryl)である。結晶系は六方晶系、モース硬度は7と1/2。エメラルドヘリオドール熱処理(トリートメント)によってアクアマリンの色に変化させる事が可能。

アクアマリンはその名の通り海の色をした宝石だが、海に投げ入れると瞬時に溶け込んでしまうと言われるほどで、その事から古いヨーロッパの船乗り達は、この石を海の力の宿ったお守りとして大切に持っていた。ブラジルのサンタマリア鉱山で採掘される深いマリンブルーの石が最高品質とされているが、現在は枯渇状態である。しかし最近では他の鉱山でもこれと同様の品質の石が採掘されており、現在ではこの深いマリンブルーの物を一般的に「サンタマリア」若しくは「サンタマリア・アフリカーナ」と呼んでいる。それ以外にも産地としてはスリランカマダガスカルロシアパキスタンアフガニスタンインドなどが知られている。

特殊効果として有名なものはシャトヤンシーの出るアクアマリンキャッツアイがあるが、なかなか宝石質の物が少なく非常に稀少で市場ではあまり見ない。それ故ほぼコレクターズアイテムとなっている。

なお、日本ジュエリー協会では正式名称をアクワマリンとしているため、この名で店頭に出ていることも多々ある。

色としてのアクアマリン

アクアマリン
aquamarine
 
16進表記 #006F86
RGB (0, 111, 134)
CMYK (90, 45, 36, 9)
HSV (190°, 100%, 53%)
マンセル値 -
表示されている色は一例です
Aquamarine (webcolor)
  16進表記 #7fffd4

アクアマリンはまたの中間の名としても用いられる。緑柱石の色であるが、しばしば海の色と解されることもある。青緑の範疇に入るが、藍緑色(らんりょくしょく)と表記されることもある。

Cascading Style Sheetsを使用可能なウェブブラウザにおいて、カラーをAquamarineと指定すると右に示すwebcolorのように表示される。

近似色

アクアマリンに関する事項

アクアマリンは紋章において用いられる色名のひとつでもある。ただし、この色はめったに用いられず、ロシアユダヤ自治州で使用されている。

関連項目

外部リンク


本页面最后更新于2020-08-07 13:44,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器