万维百科日语版

えめらるど

(えめらるどから転送)
第六セントラル
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 セントラルフェリー
有村産業
運用者 セントラルフェリー
有村産業
建造所 三菱重工業下関造船所
姉妹船 第一セントラル
IMO番号 7118428
改名 第六セントラル
えめらるど
経歴
起工 1971年
進水 1971年
竣工 1971年11月25日[1]
就航 1971年
運航終了 1979年
最後 1981年1月27日ジャワ海で火災により沈没
要目
総トン数 6,135 トン[1]
垂線間長 118.0 m[1]
22.0 m[1]
機関方式 ディーゼル
航海速力 19.5ノット[1]
旅客定員 719名[1]
車両搭載数 8トントラック120台[1]
テンプレートを表示

第六セントラルは、セントラルフェリーが運航していたフェリー。後に有村産業でも運航された。

概要

三菱重工業下関造船所で建造され、1971年11月に神戸 - 川崎航路に就航した。

1972年2月16日、神戸航路、大阪航路が減便により隔日運航となり、本船と第一セントラルによる運航となった[2]

1972年11月11日、セントラルフェリーの航路休止により運航を終了、日綿実業へ売却され、常石造船で係船された[3]

その後、有村産業に売却され、えめらるどとなり、三菱重工業下関造船所で改装工事を行った[3]

有村産業では、RO-RO貨物船として運航され、1979年に引退した。

その後、インドネシアペルニに売却され、KMP Tampomas IIとして就航したが、1981年1月27日ジャワ海を航行中、火災により沈没、数百名が死亡した。

設計

第一セントラルの同型船であるが、旅客設備を一段と重視した設計となっており、外観も一部異なる[1]

船内

船室

  • 特等室
  • 一等室
  • 二等室
  • ドライバー室

設備

  • グリル
  • ラウンジ
  • バー
  • ゲームコーナー

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 世界の艦船(1972年2月号,p29)
  2. ^ 世界の艦船(1976年4月号,p62)
  3. ^ a b 世界の艦船(1974年7月号,p112)

本页面最后更新于2020-11-11 09:12,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器