万维百科日语版

サン・ステファノ条約

サン・ステファノ条約によるブルガリアの領域

サン・ステファノ条約(サン・ステファノじょうやく)は、1878年露土戦争の講和条約イスタンブール西方の村・サン・ステファノ英語版において1878年3月3日ロシア帝国オスマン帝国のあいだで結ばれた。

この条約によって、オスマン帝国は多額の賠償金とともに、

などを課せられた。しかし、ヨーロッパ南東部におけるロシアの影響力の拡大、特にブルガリアの領土がエーゲ海に接していることによりロシア海軍がエーゲ海北部に拠点を置くことを恐れたイギリスオーストリアの干渉により、1878年6月ベルリン会議によって、ブルガリア国境が縮小されてマケドニアはオスマン帝国に復し、ロシアはバヤジト地方などの放棄を余儀なくされた。このことが、後の大ブルガリア主義に発展していくことになる。

関連項目

外部リンク


本页面最后更新于2020-01-01 00:51,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器