万维百科日语版

ザルツブルクの歴史年表

本記事は、オーストリアの都市ザルツブルクの歴史の年表である。

17世紀まで

  • 696年:聖ペーター修道院の建立
  • 739年:ローマカトリック・ザルツブルク司教区の設置[1]
  • 774年:大聖堂の献堂[2]
  • 1077年:ホーエンザルツブルク城の建設の開始[2]
  • 1167年:市の大火[2]
  • 1287年:都市法を領主より承認される[3]
  • 1350年:ザンクト・ブラジウス市民病院教会の献堂[2]
  • 1370年:ザルツブルク市長コンラート・タウフキント[4]
  • 1492年:シュティーグル・ビール醸造所の設立
  • 1498年:ユダヤ人がザルツブルクから追放[5]
  • 1512年:セバスティアン教会の献堂[5]
  • 1519年:ホーエンザルツブルク城の拡張[5]
  • 1523年:ザルツブルク市庁舎の完成
  • 1525年:ドイツ農民戦争[5]
  • 1587年:ヴォルフ・ディートリヒ・ライテナウがザルツブルク大司教に就任[2]
  • 1588年:レジデンツ広場で新レジデンツ(新宮殿)の建設開始[5]
  • 1606年:アルテナウ城の完成[2]
  • 1619年:ザルツブルク近郊にヘルブルン宮殿が完成[2]
  • 1623年:パリス・ロドロン大学が開学[2]
  • 1652年:ザルツブルク大学図書館が開設
  • 1668年:大聖堂が再建[5]
  • 1674年:ザルツブルク近郊でマリア・プライン教会の献堂[5]
  • 1689年:エルハルト教会の再建[2]
  • 1697年:キームゼーホーフ宮殿が再建[5]

18世紀-19世紀

  • 1702年:聖なる三位一体教会の献堂[2]
  • 1707年:コレーギエン教会の献堂[2]
  • 1711年:カイェターナー教会の献堂[2]
  • 1731年:プロテスタント(新教徒)がザルツブルクから追放[5]
  • 1756年:モーツァルトがゲトライデガッセ9番地で誕生[6]
  • 1767年:メンヒスベルク山を通るジークムント門が完成[5]
  • 1805年
  • 1809年:ザルツブルクがバイエルン王国に編入[5]
  • 1816年:ミュンヘン条約によりザルツブルクが再度、オーストリア帝国に編入[5]
  • 1818年:市の大火[3]
  • 1842年:モーツァルト広場にモーツァルト記念碑が完成[5]
  • 1849年:ザルツブルク公国の首都となる[5]
  • 1850年:カロリーノ・アウグステウム博物館の開館
  • 1860年:ザルツブルク中央駅が開場[3]
  • 1880年:モーツァルテウム財団の設立
  • 1890年:人口27,741人[7]

20世紀

  • 1951年:人口102,927人
  • 1956年:モーツァルト週間(音楽祭)が初開催[8]
  • 1957年:ザルツブルク市長アルフレート・ベック[4]
  • 1960年:祝祭大劇場が開場[2]
  • 1962年:ザルツブルク大学が再開[3]
  • 1971年:レーエン・スタジアムの開場[8]
  • 1988年:ザルツブルク市古文書館が開設[11]
  • 1996年:旧市街がユネスコ世界遺産に登録[3]
  • 1999年:ザルツブルク市長ハインツ・シャーデン[4]

21世紀

  • 2016年:人口150,938人(ザルツブルク市)、人口545,815人(ザルツブルク州)[12]


脚注

  1. ^ Chronology of Catholic Dioceses: Austria”. Norway: Roman Catholic Diocese of Oslo. 2016年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Horst E. Reischenböck. Salzburg. Oxford Art Online. 2016年11月29日閲覧.
  3. ^ a b c d e f g Stadtgeschichte auf einen Blick” [Brief Timeline of City History] (ドイツ語). Stadt-salzburg.at. Magistrat der Stadt Salzburg. 2016年11月29日閲覧。
  4. ^ a b c Stadtgeschichte: Bürgermeister seit 1370. Stadt-salzburg.at (in German). Magistrat der Stadt Salzburg. 2016年11月29日閲覧.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Salzburg, Encyclopædia Britannica (11th ed.), New York, 1910, OCLC 14782424 – via Internet Archive
  6. ^ a b c Trudy Ring, ed. (1995). "Salzburg". Northern Europe. International Dictionary of Historic Places. Fitzroy Dearborn. p. 664+. ISBN 978-1-136-63944-9.
  7. ^ “Austria-Hungary: Austria”. Statesman's Year-Book. London: Macmillan and Co.. (1899). http://hdl.handle.net/2027/nyp.33433081590550?urlappend=%3Bseq=729.
  8. ^ a b c d e f Die Chronik der Stadt Salzburg [Chronology of the City of Salzburg]. Stadt-salzburg.at (in German). Magistrat der Stadt Salzburg. 2016年11月29日閲覧.
  9. ^ Oskar Dohle; Thomas Josef Mitterecker, eds. (2014). Salzburg im Ersten Weltkrieg: Fernab der Front - dennoch im Krieg (in German). Wien: Böhlau Verlag. ISBN 978-3-205-79578-0.
  10. ^ “Austria”. Statesman's Year-Book. London: Macmillan and Co.. (1921). http://hdl.handle.net/2027/njp.32101072368440?urlappend=%3Bseq=734.
  11. ^ Stadtarchiv: Archivgeschichte” (ドイツ語). Stadt-salzburg.at. Magistrat der Stadt Salzburg. 2016年11月29日閲覧。
  12. ^ Bevölkerung zu Jahresbeginn 2002-2016 nach Politischen Bezirken: Salzburg” (ドイツ語). Statistik Austria. 2016年11月29日閲覧。

参考文献

英語

  • W. Pembroke Fetridge (1881), Salzburg, Harper's Hand-book for Travellers in Europe and the East, New York: Harper & Brothers
  • Salzburg, Guide through Germany, Austria-Hungary, Switzerland, Italy, France, Belgium, Holland, the United Kingdom, Spain, Portugal, &c (9th ed.), Berlin: J.H. Herz, 1908, OCLC 36795367
  • Salzburg, Encyclopædia Britannica (11th ed.), New York, 1910, OCLC 14782424 – via Internet Archive
  • Salzburg, Austria-Hungary (11th ed.), Leipzig: Karl Baedeker, 1911 + 1871 ed.
  • Trudy Ring, ed. (1995). "Salzburg". Northern Europe. International Dictionary of Historic Places. Fitzroy Dearborn. p. 664+. ISBN 978-1-136-63944-9.
  • John M. Jeep, ed. (2001). "Salzburg". Medieval Germany: an Encyclopedia. Garland Publishing. ISBN 0-8240-7644-3.

ドイツ語

  • F. W. Zillner (1885). Geschichte der Stadt Salzburg.
  • J. Meurer (1889). Führer durch Salzburg. Wien.
  • Trautwein (1901). Salzburg. Innsbruck.
  • Widmann (1907). Geschichte Salzburgs. Gotha.
  • Bayr, Hochland, Salzburg, Salzkammergut. Griebens Reiseführer. 1920.
  • Heinz Dopsch; Robert Hoffmann (1996). Geschichte der Stadt Salzburg. Universitätsverlag A. Pustet. ISBN 3-7025-0340-4.
  • Friederike Zaisberger (1998). Geschichte Salzburgs. Wien: Verlag für Geschichte und Politik. ISBN 3-7028-0354-8.
  • Oskar Dohle; Thomas Josef Mitterecker, eds. (2014). Salzburg im Ersten Weltkrieg: Fernab der Front - dennoch im Krieg. Wien: Böhlau Verlag. ISBN 978-3-205-79578-0.

外部リンク


本页面最后更新于2020-01-01 01:33,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器