万维百科日语版

人工放射性元素

(人工放射性同位体から転送)

人工放射性元素(じんこうほうしゃせいげんそ, Synthetic element)は、人工的に合成された元素同位体)の総称である。

天然には存在しない4つの元素(テクネチウムプロメチウムアスタチンフランシウム)と、超ウラン元素アメリシウムキュリウムなど)はほぼすべて人工放射性元素であり、広義では人工の放射性同位体も含む。これらは半減期の短い放射性元素であるため、自然界には極めて僅かしか存在が確認されない。通常は、原子核に高いエネルギーを持たせた荷電粒子や、γ線中性子などをぶつけて合成する。

人工の放射性同位体としては1934年フレデリック・ジョリオ=キュリーイレーヌ・ジョリオ=キュリーの夫妻が放射性リン (30P) を得たのが最初で、元素としては1937年に得られたテクネチウムが最初である。

関連項目


本页面最后更新于2020-01-02 10:10,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器