万维百科日语版

後生動物本文重定向自 多細胞動物

(後生動物亜界から転送)
後生動物
Elephant-ear-sponge.jpg
地質時代
先カンブリア時代 - 現代
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: オピストコンタ Opisthokonta
亜界 : 後生動物 Metazoa
Haeckel, 1874
下位分類
  • 海綿動物門 Poriferia
  • 平板動物門 Placozoa
  • 中生動物門 Mesozoa
  • 真正後生動物門 Eumetazoa
    ≒ 動物界 Animalia

後生動物 (こうせいどうぶつ、Metazoa)は、生物の分類群の1つで、真核生物オピストコンタに属する。海綿動物中生動物節足動物脊索動物などを含む。二界説での動物界から原生動物を除いたもの、五界説で動物界とされたものにほぼ等しい。

現在の後生動物

Adl et al. (2005) などによれば、後生動物は、4つのグループに分類される。

真正後生動物には、節足動物、脊索動物を始め、主要な動物門のほとんどが属する。ただし、2019年現在では過去の分類となっている。

「動物」というタクサ名称をこの位置においたのはAdl et al. (2005) だが、必ずしも広く認められたものではない。後生動物のシノニムとする、あるいは、オピストコンタと後生動物の間に置くこともある。

後生動物全体の単系統性はある程度信じられている。以前は海綿動物の1つないしいくつかの系統は別系統だとする説もあったが、否定されつつある。

歴史

後生動物という分類は、1874年エルンスト・ヘッケルが定めた。ヘッケルの定義は系統的なものではなかったが、範囲は現在のものとほぼ同じである。

二界説が中心であった時代に、動物界には多細胞動物と、単細胞で運動性がある原生生物が含まれていた。この、動物扱いされていた単細胞生物を原生動物というのに対して、多細胞の動物をまとめた呼び名として後生動物が使用された。

単細胞の動物から、多細胞動物への進化を考える場合や、動物の系統を論じるときなどに使われることが多かった。現在では、原生動物門は認められず、その意味では後生動物という言葉を使う価値はほとんどない。動物界を構成しているのは多細胞動物だけである。ただし、海綿動物は動物の系統関係から見て、進化の脇道に入ったものであって、真の多細胞動物ではないとの見方がある。その意味から、海綿動物を側生動物 (Parazoa) と呼ぶ場合がある。また、中生動物 (Mesozoa) というのもあるので、それらを取りのけた多細胞動物が真の後生動物だという言いかたもあった。この場合、多細胞動物の主系列をまとめた、とでも言った意味合いになるものと思われるが、それが真のまとまりとして認められるものかどうかは別の問題である。2019年現在では中生動物は多細胞生物が寄生生活によって退化した結果だと考えられている。また、中生動物門自体が多系統として直泳動物門二胚動物門の2つの門に分かれ、それぞれが前口動物の門とされている。

参考文献

Adl et al. The New Higher Level Classification of Eukaryotes with Emphasis on the Taxonomy of Protists. J. Eukaryot. Microbiol., 52(5), 2005 pp. 399–451


本页面最后更新于2020-01-03 20:09,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器