万维百科日语版

央端社

央端社(おうえいしゃ[1][2])は実在が確認できない出版社。2008年ごろからウィキペディア日本語版の一部の記事において情報源として央端社が刊行したとされる書籍が掲載されていたが、2015年にいずれも実在しない可能性が高いことが確認された[1]

概要

後述する編集者Aによると、央端社は宮城県の出版社で、読みは「おうえいしゃ」であるという[2]。央端社という出版社の存在は、帝国データバンクのデータベース、国立国会図書館が提供する所蔵情報データベースである国会図書館サーチ、通販大手サイトであるAmazon.com日本の古本屋、スーパー源氏などにおいて一切確認することができない[1]。また、ISBNを管理する日本図書コード管理センターにも登録されておらず、所在地とされる宮城県の宮城県図書館にも所蔵されていない[2]

央端社に関する記述は、あるウィキペディア編集者Aが2008年ごろから作成した犬種に関する記事群において出典として用いられていた[1]。それらの記事では、央端社が刊行したとされる書籍の詳細な書誌情報が記されておらず、2008年の段階で信憑性に疑問が呈されていた[1]。しかしながら、央端社が実在しないとの確証もなく、この時には削除されることはなかった[1][2]。Aがウィキペディアの利用者ページに記したところによれば、2011年の東日本大震災によりAが所持していた蔵書は失われたという[1]。Aが手を加えた犬種関連記事数は700を超えていた[2]

その後も各所で央端社の実在性については疑問が呈されていた[1]。2012年にはナレッジコミュニティOKWAVEに央端社の実在を疑う質問が投稿され、ウィキペディアで出典として挙げられていた8つの文献に関して国立国会図書館や各種書店に情報が一切登録されていないと指摘されていた[2]

2015年に入ってTwitterにおいてウィキペディアにおける央端社の記述に関する有志による検証がなされ、Togetterまとめ記事である「Wikipediaの参考文献に挙がっているが、存在が確認できない出版社『央端社』」が作成された[1][3]。これを受けて、ウィキペディアのコミュニティにおいてAが作成した記事の内容が精査され、央端社の実在が確認できないとしてそれらの記述は削除審議にかけられた[1]

ライターの石動竜仁は、出典とされている資料が存在しないことを証明することは困難であり、本件によってオープンな百科事典の困難性が露呈したと言及している[1]。またガジェット通信の84ocaは、発覚まで5年を要した「ビコリム戦争」に比肩する出来事であると評した[2]

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク


本页面最后更新于2020-12-20 12:43,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器