万维百科日语版

武備志

Liannu.jpg
武备志孙武子方阵图.jpg

武備志』(ぶびし)は、中国代の天啓元年(1621年)に、茅元儀が編纂・刊行した兵法書。全240巻に及び、膨大な図譜を添付する。

概要

武備志』は、以下の5項目からなる。

  • 「兵訣評」18巻 「孫子」「呉子」など過去の兵書の要点と評論
  • 「戦略考」33巻 春秋から元代までの膨大な戦争の実例を挙げての戦略論
  • 「陣練制」41巻 布陣と実戦的訓練について
  • 「軍資乗」55巻 営、戦、攻、守、水、火、餉、馬の八項目から軍事技術、兵器、築城など
  • 「占度載」93巻 天文気象と卜占について

更に方輿、鎮戌、海防、江防、四夷航海などの地誌航海図を掲載し、「鄭和航海図」「航海天文図」などが含まれる。

また近年は、朝鮮独自の剣術と称される「朝鮮勢法」が図譜とともに解説されていることで知られるようになった。

参考文献

  • 『中国兵書集成』27-36巻 解放人民出版、1989年

関連項目

外部リンク


本页面最后更新于2020-01-04 04:11,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器