万维百科日语版

貧困撲滅のための国際デー

検索に移動

貧困撲滅のための国際デー(ひんこんぼくめつのためのこくさいデー、International Day for the Eradication of Poverty)とは、国際連合が制定した国際デーの一つである。毎年10月17日[1]

1987年貧困飢餓暴力恐怖の犠牲者に敬意を表するため10万人がフランスパリシャイヨ宮の人権広場に集まったのが最初である。この呼びかけをしたのはATD第四世界フランス語版を創設したフランスの活動家ジョゼフ・ウレザンスキ[2][3][4]であった。

1992年12月国連総会において、多くの国で10月17日が「極貧に打ち克つための世界デー」となっていることから、この日を「貧困撲滅のための国際デー」とすることが宣言された。

脚注

外部リンク


本页面最后更新于2020-10-17 17:59,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器