万维百科日语版

静岡県

しずおかけん
静岡県
静岡県モンタージュ画像.png
静岡県の旗 静岡県章
静岡県旗[注釈 1][1] 静岡県章[注釈 2][1]
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
団体コード 22000-1
ISO 3166-2:JP JP-22
面積 7,777.42km2
(境界未定部分あり)
総人口 3,609,465
推計人口、2021年3月1日)
人口密度 464人/km2
隣接都道府県 神奈川県山梨県長野県愛知県東京都(海上を隔てて隣接)
県の木 モクセイキンモクセイ[2]
県の花 ツツジ[注釈 3][2]
県の鳥 サンコウチョウ[注釈 4][2]
県の歌
県愛唱歌
県民の日
静岡県歌
しずおか賛歌〜富士よ夢よ友よ
8月21日
静岡県庁
知事 川勝平太
法人番号 7000020220001 ウィキデータを編集
所在地 420-8601
静岡県静岡市 葵区 追手町 9-6
北緯34度54分59秒 東経138度18分59秒 / 北緯34.91639度 東経138.31639度 / 34.91639; 138.31639座標: 北緯34度54分59秒 東経138度18分59秒 / 北緯34.91639度 東経138.31639度 / 34.91639; 138.31639
県庁舎位置

静岡県庁
外部リンク 公式ウェブサイト
静岡県の位置

静岡県行政区画図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

ウィキポータル 日本の都道府県/静岡県
 静岡第一テレビアナウンサー
男性
女性
元職
ラジオ
  • ( 愛知県
  • 静岡県
  • 山梨県
  • 神奈川県 )
Portal:テレビ Portal:ラジオCategory:放送関連のウィキプロジェクト
テレビ局
静岡県は人口10位以上の都道府県で唯一、TXN系列局または独立局が存在しない[47]。静岡県はTXN系列局であるテレビせとうちの放送対象地域である岡山県香川県両県の合算人口を約100万人程上回っており、2007年には静岡県のTXN系列局新規開局が計画されたが[48]リーマン・ショックなど景気後退のために現在は棚上げ状態にある[49]
ラジオ局
AMラジオ局
FMラジオ局
  • NHK静岡放送局(FM放送
  • K-mix(静岡エフエム放送)(JFN系列)
    ※かつて存在したMegaNet系列の「愛知国際放送(RADIO-i・本社名古屋市)」も浜松市に中継局を置いていた(在名局で唯一静岡県の一部も公式放送区域としていた)。
コミュニティFM局
ケーブルテレビ

文化・スポーツ

方言

食文化

静岡県の土産菓子。特産の茶やミカン、ワサビ、魚介類を使ったものがある。

郷土料理

伝統工芸

経済産業大臣指定伝統的工芸品
  • 駿河竹千筋細工(竹工品、1976年
  • 駿河雛具(人形、1994年
  • 駿河雛人形(人形、1994年)
伝統工芸品

スポーツ

観光

静岡県を舞台とした主な作品

県内には自治体・商工会議所・企業または任意団体などが地域ごとにフィルム・コミッションを組織し、各地域での映像作品制作の支援が行われているが、これらの団体および撮影地に関する情報提供や撮影手配の支援など行う「静岡フィルムコミッションnet」が県により組織されている。この取り組みは、地域を題材とした映像作品が発信されることにより、県内各地の広報および地域活性化や観光振興につなげるためのものである[50]

以下のリストは発表年順での記載である[要出典]

映画

静岡県が舞台ではないが、静岡県をロケ地とした作品

静岡県が舞台であるが、静岡県をロケ地としていない作品

テレビドラマ

バラエティ

楽曲・MV

楽曲
MV

文学

アニメ・漫画

静岡県内
西部
中部
東部
伊豆
富士山

ゲーム

静岡県出身の人物

国際関係

姉妹自治体・提携自治体

友好州省道

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1968年(昭和43年)8月26日制定
  2. ^ 1968年(昭和43年)8月6日制定
  3. ^ 1965年(昭和40年)9月21日選定
  4. ^ 1964年(昭和39年)10月2日制定
  5. ^ 後に東京都に越境合併された伊豆諸島を含まない。
  6. ^ 2019年現在は読売新聞のみで、朝日新聞は2019年4月1日、「静岡」に統一され、その他の新聞社も「静岡」で統一している。
  7. ^ 会社自体は現存しており、現在は中部本社管内の新聞の配送のみに特化

出典

  1. ^ a b 県の概要-県章・県旗”. 静岡県ホームページ. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c 県の概要-県の鳥・花・木work=静岡県ホームページ”. 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ 浜松市の強み・魅力/浜松市”. www.city.hamamatsu.shizuoka.jp. 2021年2月11日閲覧。
  4. ^ 『地域批評シリーズ16 これでいいのか静岡県浜松市』マイクロマガジン社、2017年2月25日、4頁。
  5. ^ 製造業合計(都道府県データランキング)” (日本語). 製造業合計(都道府県データランキング). 2020年10月11日閲覧。
  6. ^ kanenshiryou3-2”. 2020年10月11日閲覧。
  7. ^ 静岡県/Myしずおか日本一一覧表”. www.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  8. ^ 静岡県/6次産業化の推進”. www.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  9. ^ 日本の市の人口順位
  10. ^ “[https://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-030/documents/02shizuokajinnkougennsyouteigen_1.pdf 静岡県の人口減少対策への 提 言]”. 人口減少問題に関する有識者会議. 2020年12月11日閲覧。
  11. ^ H30観光交流客数の動向冊子(校正版)”. 静岡県文化・観光部観光交流局、観光政策課. 2020年11月23日閲覧。
  12. ^ 静岡県 市区町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系) 国土地理院(2018年5月2日閲覧)
  13. ^ 我が国の人口重心 -平成27年国勢調査結果から- 総務省(2018年5月2日閲覧)
  14. ^ 都道府県別森林率”. 林野庁. 2020年10月13日閲覧。
  15. ^ 岳南地域(読み)がくなんちいきコトバンク
  16. ^ この場合、東海3県を「中京」もしくは「中部」「愛三岐」などと表記
  17. ^ a b 県の概要-県の成り立ち”. 静岡県. 2020年10月16日閲覧。
  18. ^ 「静岡の由来」碑について”. 静岡市. 2020年10月16日閲覧。
  19. ^ 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」 本多隆成・荒木敏夫・杉橋隆夫・山本義彦『静岡県の歴史』山川出版社 1998年 10-11ページ
  20. ^ 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」 本多隆成・荒木敏夫・杉橋隆夫・山本義彦『静岡県の歴史』山川出版社 1998年 12-15ページ
  21. ^ 荒木敏夫「静岡県の夜明けと律令体制の成立」 本多隆成・荒木敏夫・杉橋隆夫・山本義彦『静岡県の歴史』山川出版社 1998年 40-43ページ
  22. ^ 富士山世界文化遺産登録推進両県合同会議/富士山を世界遺産にする国民会議 発行 『富士山 信仰と芸術の源』 小学館 2009年 p84
  23. ^ 杉橋隆夫「地域の武士社会と政権」 本多隆成・荒木敏夫・杉橋隆夫・山本義彦『静岡県の歴史』山川出版社 1998年 66-68ページ
  24. ^ 県外(山梨県)の南部町は除く。
  25. ^ 静岡県 / 応援していただきたい施策の紹介
  26. ^ 川勝平太著『富国有徳論』(B6)紀伊國屋書店、1995年9月。ISBN 9784314006910
    対談部分を除く出版元を変え再版 -- 川勝平太著『富国有徳論』(文庫)中央公論新社中公文庫〉、2000年1月25日。ISBN 9784122035713
  27. ^ お米の消費日本一の静岡で開催する「お米日本一コンテスト」参加募集”. 共同通信PRワイヤー (2004年8月3日). 2018年1月8日閲覧。
  28. ^ 静岡県 / ふじっぴー紹介
  29. ^ 地域別総生産及び所得 [1]
  30. ^ 国の国内総生産順リスト (為替レート)
  31. ^ 工業統計アーカイブス|工業統計調査|経済産業省”. www.meti.go.jp. 2021年2月7日閲覧。
  32. ^ 都道府県別事業所数・従業者数等について[2]
  33. ^ 『47都道府県うんちく事典』著者八幡和郎127頁
  34. ^ Myしずおか日本一 プラモデルの出荷額 日本一 ふじのくに(静岡県公式ホームページ)2018年9月16日閲覧
  35. ^ コンテナ取扱貨物量上位20港ランキング[3]
  36. ^ 『47都道府県うんちく事典』著者八幡和郎126頁
  37. ^ 静岡大学人文社会科学部・地域創造学環(編)『大学的 静岡ガイド:こだわりの歩き方』 昭和堂 2019年 ISBN 978-4-8122-1815-0 pp.226-227.
  38. ^ サイサングループ
  39. ^ a b c d e 静岡ガスグループ
  40. ^ 島田瓦斯株式会社の株式取得に関するお知らせ”. 静岡ガス (2008年3月23日). 2018年3月31日閲覧。
  41. ^ 日本の鉄道事業者一覧
  42. ^ 鉄道業界 売上高ランキング(2019 - 2020年)[4]
  43. ^ 統計センターしずおか/鉄道運輸状況 新幹線駅別乗車人数(一日平均)”. toukei.pref.shizuoka.jp. 2020年12月10日閲覧。
  44. ^ 乗車人員ベスト10駅” (日本語). JR東海. 2020年12月10日閲覧。
  45. ^ 賀茂地域教育振興方針 [5] 平成29年2月 p.27
  46. ^ a b ふじのくに 静岡県公式ホームページ
  47. ^ ネット別テレビ局一覧表”. www.saturn.dti.ne.jp. 2021年2月7日閲覧。
  48. ^ MSN毎日インタラクティブ(丸山進)”. 毎日新聞. 2007年5月31日閲覧。
  49. ^ なぜテレビ東京系は広島や仙台で視聴できないのか” (日本語). エキサイトニュース. 2021年2月7日閲覧。
  50. ^ 静岡フィルムコミッションnet(2013年9月2日閲覧)
  51. ^ “本広克行監督コメント”. BARKS. http://www.barks.jp/news/?id=1000109359 2015年1月5日閲覧。
  52. ^ メイド喫茶で映画『サイレントヒル』のナイショの話が聞けちゃった!! - ファミ通.com” (日本語). www.famitsu.com. 2018年7月13日閲覧。
  53. ^ 韓国・忠清南道と静岡県 友好協定を締結(聯合ニュース、2013/4/30)

関連項目

外部リンク

行政
観光


先代:
静岡藩

足柄県の一部(伊豆国


浜松県

行政区の変遷
1871年 -
次代:
-----

東京府伊豆諸島


本页面最后更新于2021-04-08 10:41,点击更新本页查看原网页

本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


顶部

如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器