万维百科日语版

2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモ

2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモ
2019年-2020年香港民主化デモ内で発生
June16protestTreefong16.jpg
湾仔軒尼詩道にあふれるデモ参加者(19時)
日時
  • デモ行進:2019年6月16日 (2019-06-16)(14:40 - 23:00)
  • デモ集会:2019年6月16日 (2019-06-16) - 17日(18:30 - 11:00)
場所

香港の旗 香港香港島

原因
  • 2019年逃亡犯条例改正案への不満
  • 警察が2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモビーンバッグ弾ゴム弾などを使用した武力鎮圧に踏み切ったことへの不満
  • 香港政府が反対デモを「暴動」として認定した
  • 目的
  • 2019年逃亡犯条例改正案の(審議延期ではなく)完全撤回
  • 逮捕されたデモ隊の釈放
  • 警察による銃撃への追及
  • 反対デモの暴動認定の取り消し
  • 林鄭月娥行政長官辞任
  • 手段
    • 大規模なデモ
    結果
    • 行政長官の林鄭月娥は声明と記者会見で香港の市民に謝罪したが、民間人権陣線中国語版の五大要求には返答せず[2]
    • 2019年6月21日香港逃亡犯条例改正案反対デモ中国語版
    参加集団
    指導者
    人数
    • 主催者発表:2,000,001人
    • 警察発表:338,000人
    • ロイター社と日本のメディアが引用した、葉兆輝中国語版教授の概算:50万人から80万人[3][4]
    • 姚松炎中国語版による計算:112万人から184万人[5]
    • 雷鼎鳴中国語版による推定:40万人 [6]
    • ビッグデータを使用した、6月16日早朝時点の予想:892,000人から1,442,000人[7]
    警察2,000人[8]
    死傷者数
    負傷者 デモ参加者33人が病院に搬送、うち1人が重体

    2019年6月16日香港逃亡犯条例改正案反対デモ中国語での正式名称:「譴責鎮壓,撤回惡法」大遊行[9]、中国語の通称:616大遊行)は、民間人権陣線中国語版(民陣)の主催で2019年6月16日に行われたデモである。2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモからわずか1週間後に行われたデモであり、デモの前日には行政長官林鄭月娥2019年逃亡犯条例改正案の審議延期を発表した[10]。民陣は6月16日デモにあたり、逃亡犯条例改正案の完全撤回、逮捕されたデモ参加者への不起訴、警察によるデモ過剰弾圧への追及、反対デモの暴動認定の取り消し、林鄭月娥の辞任からなる「五大要求」を打ち出したが、政府が返答しなかったことで反対運動は膠着状態に陥った[11]。この状態を打開すべく、わずか5日後に次のデモ中国語版が行われた(ただし、21日のデモは民陣主催ではない)。

    このデモは世界中のメディアから広く注目され、17日には『ニューヨーク・タイムズ[12]と『ワシントン・ポスト[13]が1面でデモについて報じた。デモ参加者の人数も注目を集めており、香港では主催者発表と警察発表の間に常に数倍の差があったが[14]、6月16日のデモも同様であり、主催者発表では2,000,000+1人(この+1は後述する梁凌杰のことである)が参加(香港におけるデモでは史上1位)、警察発表では338,000人が参加したが[注釈 1]、警察による計算手法の正確さがロイター[3]BBCニュース[16]天下雜誌中国語版から疑問視された[17][18]。また、デモの計画が発表されたのはデモの数日前だったため、6月9日や7月1日のデモと違い人工知能による統計が準備できておらず、また近隣の道路にあふれたデモ参加者の多さにより計算が困難を極めた[4][19]。いずれにしても、香港返還以降では参加者数の最も多いデモとされる。

    背景

    逃亡犯条例改正案

    2019年2月、香港政府は容疑者の身柄引き渡し手続きを簡略化して、中国大陸マカオ台湾中華民国)にも刑事事件の容疑者を引き渡しできるようにする2019年逃亡犯条例改正案を提出した[20]。改正案の直接のきっかけとなったのは、2018年2月17日に台湾で起きた潘曉穎殺害事件中国語版である[21]。殺人事件が香港で起きたものではないため、香港の刑法では殺人罪で訴追できなかったが[22]。香港政府は逃亡犯条例の規定で中国大陸やマカオが除外されていることが「抜け穴」であると主張した。改正案が成立した場合、香港行政長官は事例毎に引き渡し要請を受け付けることになる。要請を受け付ける容疑には殺人罪のほかには贈収賄、入出国審査官に対する詐欺など7年以上の懲役刑が科される可能性のある犯罪が30種類以上含まれる[23][24]。また、中国大陸などから要請を受けて資産凍結差押を行うこともできるようになる[25]

    改正案の香港立法会での審議では4月3日に第一読会を通過した後、5月3日から24日まで法案委員会の主席選出をめぐって民主派建制派中国語版の間で議員の間でもみ合いになるほどの激しい攻防があったが、政府は改正案委員会の審議を待たずに6月12日に第二読会を再開することを決定した[26]

    これを受けて2019年6月9日香港逃亡犯条例改正案反対デモが実施されたが、香港政府は声明を発表して、改正案の撤回を拒否した[27]。そのため、多くの市民は改正案の可決を阻止すべく、審議(第二読会)が行われる6月12日にゼネラルストライキを行い、立法会総合ビル中国語版周辺の道路を占拠した上でビルを包囲することを決意した[28]2019年6月12日香港逃亡犯条例改正案反対デモ)。

    6月16日デモの計画(13日)と改正案審議の延期(15日)

    12日デモを受けて、立法会秘書局が12、13、14日に審議を行わないことを次々と発表した[29][30]

    13日、民間人権陣線中国語版は16日のデモ実施を発表、警察による12日のデモ隊鎮圧への批判と逃亡犯条例改正案の撤回を目的とした[31][32]

    15日の午後、林鄭月娥は記者会見を行い、逃亡犯条例改正案の審議を「改正案の解説と意見聴取が終わるまで」延期する発表した(ただし、廃案とは発表せず)[33]。改正案審議の延期に対し、民陣はこれを撤回とは違うとして、デモをそのまま開催するとした[34]

    デモ参加者の飛び降り自殺(15日16時 - 21時)

    15日の16時すぎ、デモに参加した梁凌杰中国語版が背中に「林鄭殺港,黑警冷血[注釈 2]と書かれた黄色のレインコートを着て、パシフィック・プレス中国語版の外壁工事現場に設けられていた仮設足場に「反送中 No Extradition To China」「全面撤回送中,我們不是暴動,釋放學生傷者,林鄭下台,Help Hong Kong[注釈 3]と書かれた懸垂幕を張った[35]

    通報を受けた消防士はエアパックを展開したが、パシフィック・プレスが外壁工事を行っていたことと歩道の横断防止柵が邪魔になっていたことから仮設足場のすぐ隣に設置できず、結局梁が飛び降りた後に着地した場所はパシフィック・プレスとエアパックの間の地面となった。その後、梁はラットンジー病院中国語版に緊急搬送されたのち死亡した[36][37]。梁は遺書を2通残しており、1通は葬儀の望みなどについて記述し、もう1通は逃亡犯条例改正案の反対を表明した。

    同日夜には多くの市民がパシフィック・プレスの外で花を供え、2014年香港反政府デモの計画を立てた人物の1人である朱耀明も花を供えた[38]

    経過

    香港島に押し寄せるデモ参加者(16日12時 - 17時)

    6月16日のデモ行進は前回にあたる6月9日デモと同じく、ヴィクトリアパークから始まり、金鐘立法会総合ビル中国語版で終わるが、警察は前回と違いヴィクトリアパークのサッカー場を集合場所として開放した。また、民間人権陣線中国語版(民陣)は6月9日のデモでは白い服の着用を呼びかけたが、16日のデモでは黒い服の着用を呼びかけた。16日の正午すぎには市民が次々とヴィクトリアパークに集まった[39]。デモ行進は15時の予定だったが、14時には香港島の鉄道駅が黒服を着たデモ参加者にあふれたため、構内のエスカレーターの一時停止、改札の一時閉鎖、列車の増発などラッシュ時の混雑緩和策がとられた[40]。中でもヴィクトリアパークの最寄り駅である天后駅はホームの混雑により14時に一時的に通過駅に変更され、15時に復旧した[41][42]。列車運転手が車内放送で「わたしの代わりに行ってきて!香港人がんばれ!」(代埋我去,香港人要加油!)とデモ参加者にエールを送るというシーンもあった[43]

    九龍バスは16日朝に香港島行きのバスの便数増を発表したが[44]香港海底トンネル前バス停は午後よりデモに行く市民が長蛇の列をなし、一時は最後尾が最寄り駅の紅磡駅の構内にあるほどだった[45]。バスのほか、フェリーで向かう市民も多く、スター・フェリー・ピア中国語版で並ぶ市民の列がアベニュー・オブ・スターズのインターコンチネンタルホテル近くまで伸びた[44]。このフェリーに乗る市民の列は長さが一時1 km以上にもなった[46]

    行進が始まる時間は15時の予定だったが、デモ参加者の多さにより民陣は予定を前倒しして、14時43分にデモ行進を開始した。デモ隊の先頭には白背景に黒字で「痛心疾首[注釈 4]と書かれた縦断幕と、黒背景に白字で「撤回惡法[注釈 5]と書かれた縦断幕が掲げられた。ただし、民陣がデモ行進を始めるよりも前に行進をはじめた市民もおり、これにより(9日デモと違い)デモ行進が始まった時点で高士威道の全車線がデモ行進用に開放された[48]。また、銅鑼湾怡和街利園山道中国語版湾仔軒尼詩道からデモ行進に加わる市民に対し警察が制止を試みず、これも9日デモでの扱いより緩和されていた[49][50]

    梁凌杰に献花する市民

    デモ参加者の一部は金鐘で一時的にデモ行進から離れてパシフィック・プレイス中国語版に向かい、前日に同地で飛び降り自殺した梁凌杰中国語版を悼んだ。黒服を着た多数の市民が献花するシーンに号泣する市民や、梁が飛び降りたときに着ていた服である黄色のレインコートを着て梁を悼む市民もいた。15時には献花に来る市民の列がピークトラム花園道駅まで伸びるほどとなった[51][52]

    香港島北部の道路がほぼ全てデモに開放される(16時 - 20時)

    16時、デモ隊の先頭が行進の終点である金鐘添美道中国語版に到着、民陣は参加者数の多さを理由に駱克道中国語版の2車線の開放を発表した[53][54]。しかし、デモ隊の先頭に立つはずだった、民陣の縦断幕はデモ隊列に割り込む市民が多数いたため銅鑼湾そごうで進めず、そこで約50分間とどまってようやく前進することができた[55]。16時30分、駱克道よりも北側にある謝斐道中国語版告士打道中国語版の1車線がデモ用に開放された。この時点でも割り込み参加する市民が多く、ヴィクトリアパークの東側にある天后や炮台山で並んでいる市民は英皇道から全く進めなかった[55]。17時には駱克道の全車線が開放された[56]

    立法会総合ビル中国語版のデモ区画は12日デモのときに一時閉鎖されたが、16日までに再び開放され、16日デモの最中にも閉鎖されることはなかった。警察数十人が警備していたが、入り口に立っているにすぎず、デモ区画を巡察することはなかった。デモに参加する市民が続々と到着して、デモ区画やタマール・パーク中国語版に入ると、民陣は添華道中国語版で集会するよう呼びかけた[57]

    17時、民陣はデモ参加者に対し「開路」(道を開けろ)のシュプレヒコールをやめるよう呼びかけたが、これはデモ行進に使用できる道路がすでに全て開放されているためだった。17時30分には軒尼詩道の南側にある天楽里中国語版湾仔道中国語版莊士敦道中国語版が開放され、告士打道では1車線が追加で開放された[55][58]

    18時すぎ、ヴィクトリアパークに集まった市民がようやく全員出発できたため、高士威道が再び車道として開放された[59]。一方、前方である金鐘では集まった人が多すぎたため夏慤道中国語版の車線に出て行進を続く市民が続出、やがて夏慤道の全車線がデモ隊に占領される形となった。これにより夏慤道を走っていたバスなどが人に囲まれて立ち往生したが、バスが緩やかに発進して脱出しようとすると、その前方にある市民がすぐさまに道を開け、メディアからまるで「モーセの海割れ」のようだと形容された[60][61]

    日没後もデモに加わる市民が相次ぎ[59]、21時すぎになってデモ隊列の最後尾がようやく湾仔のサウソーン・パーク中国語版にたどり着いた[62]。その後、デモ隊列の最後尾は23時すぎに金鐘道中国語版まで進んだ[55][63]

    政府が五大要求に返答せず(20時30分)

    香港政府は16日の20時29分にプレスリリースを発表した。林鄭月娥はこのプレスリリースで逃亡犯条例の改正について謝罪したが、民陣の五大要求については返答しなかった[64]

    金鐘で徹夜するデモ隊(16日23時 - 18時6時)

    22時時点の夏慤道中国語版
    タマール・パーク中国語版でデモ集会に参加する市民(22時14分)
    立法会総合ビルのデモ区画に集まる市民(21時36分)

    金鐘道中国語版では23時すぎになっても梁凌杰中国語版への献花が続いていた[63]。また、夏慤道中国語版竜和道中国語版添華道中国語版添美道中国語版は24時以降にも多数の市民が徹夜で道路を占領した。道路占領に参加したデモ隊はほとんどが林の謝罪を受け入れず、ときどき「林鄭下台」(林は辞任せよ)、「撤回」などとシュプレヒコールをした[65]。また、ドラムを打ち鳴らしながら夏慤道を行進する市民や、聖歌を歌う市民もいた。金鐘駅香港政府新庁舎中国語版をつなぐ歩道橋には「我們不是暴徒」(わたしたちは暴徒ではない)、「撤回修例」(改正案を撤回せよ)、「反送中」(中国への送還に反対)などと書かれた横断幕と縦断幕が掲げられた[66]。民主派の立法会議員は金鐘に駆けつけて、デモ隊に「不流血、不受傷、不被捕」(血を流さない、怪我しない、逮捕されない)よう気をつけてほしいと述べた。立法会議員の鄺俊宇中国語版はこれ以上デモ隊が傷つけるのを見たくないと発言、同じく立法会議員の胡志偉中国語版は金鐘の道路占領が林にとって圧力になると述べた[67]

    17日2時すぎになると、デモ参加者のほとんどが金鐘を離れたが、一定数のデモ隊が残ったため、6時すぎにも政府庁舎、夏慤道、竜和道など立法会近くの道路を占領し続けた。7時すぎに警察約150人がやってきて、デモ隊に帰るよう呼びかけたが失敗、8時に撤退した[68]。その後、竜和道を守備するデモ隊がいなくなったことで竜和道は8時半に車道に復旧した。また、政府が庁舎の一時閉鎖を発表した[69]。10時53分には夏慤道も車道に復旧した[70]

    同日午後、立法会総合ビルのデモ区画に留まるデモ隊約400人は次の行動について議論した。香港礼賓府中国語版に行進するなどの案が出されたが、結論は出なかった。16時、立法会議員の朱凱廸中国語版は行政長官オフィス(香港特別行政區行政長官辦公室)の外でデモ集会を行い、「逃亡犯条例改正案の完全撤回」「12日デモの暴動認定の取り消し」という2つの要求を掲げることを提案した。また、いつまでも待つのではなく、林鄭月娥に返答の期限を設けることも提案した。このとき、デモ隊の人数が再び千人以上になり、議論に参加する人が竜和道の車線に立っていたため、実質的には竜和道を再び占領する形となった[71]。その後、デモ隊は夜には500人に減り、日付が変わる頃に約100人に減った。竜和道ではロードコーンを置いて通せんぼする程度となったが、警察が17日午後より全く行動しなかったため、占領が継続する形となった[72]

    18日3時には雨が降ってきたため、金鐘に留まっていたデモ隊数十人は立法会総合ビルのデモ区画に移動した。これにより竜和道にデモ隊がいなくなり、警察は6時すぎにロードコーンを撤去して道路を復旧させた。同日、政府庁舎の閉鎖も解かれた[73]

    その後

    18日午後、林鄭月娥は記者会見で逃亡犯条例改正案について謝罪したが[74]、法案の完全撤回を拒否[75]、辞任しないことを暗示した[76][77]

    19日、香港中文大学香港教育大学香港城市大学香港科技大学香港恒生大学、香港演芸学院の学生自治会は合同記者会見を行い、香港政府に16日デモで市民より提出された要求(具体的には逃亡犯条例改正案の完全撤回、反対デモの暴動認定の取り消し、逮捕されたデモ隊の起訴取り消し、警察による過剰鎮圧への追及の4つ)に返答するよう求め、返答の期限を20日の17時に定めた[78]。返答しなかった場合は市民に香港政府庁舎の包囲を呼びかけるとした[78]。これに対し、香港政府は林鄭月娥が18日の記者会見ですでに謝罪したと述べ、これ以上の返答をしない方針を明らかにした[79]。そして、20日の17時までにさらなる返答がなかったため、多くの団体が21日朝にさらなる行動を起こすよう呼びかけ、これに対し政府は21日に政府庁舎を一時閉鎖すると発表、立法会は22日の会議の延期を発表した[80]

    デモ参加者の人数

    6月16日デモはその規模が大きかったため、参加した人数の計算も注目を集めていた。香港では主催者発表と警察発表の間に常に数倍の差があったが[14]、デモが香港以来のメディアにも広く注目されたため、参加者数の統計法も報道されることとなった[3][16][17][18]。16日デモの参加者数は主催者発表では2,000,000+1人(200万人と飛び降り自殺した梁凌杰中国語版)、警察発表では33万8千人とされたが[注釈 1]、やはり数倍の差があったためロイター[3]BBCニュース[16]天下雜誌中国語版から疑問視された[17][18]。また、デモの計画が発表されたのはデモの数日前だったため、6月9日や7月1日のデモと違い人工知能による統計が準備できておらず、また近隣の道路にあふれたデモ参加者の多さにより計算が困難を極めた[4][19]

    主催者と警察発表以外の主だった統計は下記の通り。

    • 人工知能による統計システムを試験運用していた葉兆輝中国語版による概算は50万から80万人だった[81][82][83]
    • 元立法会議員姚松炎中国語版による計算は112万から184万人[5]
    • 雷鼎鳴中国語版による推定では40万人だったが[6]、雷は9日デモに関する統計で誤りを指摘されており[84]、16日デモでも完全に修正できていなかった[6]
    • ビッグデータを使用した事前予想は89万2千から144万2千人[7][85]

    後に民陣が9月15日デモを届け出たとき、警察からの反対を受けたが、民陣が警察の決定について上告したとき、警察側の代表弁護士が「15日のデモに再度200万人が参加した場合、警察が秩序を維持する能力を持たない可能性がある」として反対[86][87]、警察発表の338,000人が無視された形となった。

    注釈

    1. ^ a b 警察発表は民陣の計画にあったデモ行進ルートでの人数しか計算しておらず、近隣の道路にあふれたデモ参加者は計算しなかった[15]
    2. ^ 訳注:「林鄭が香港を殺す」「黒警中国語版は冷酷無情」の意味。「黒警」は香港の警察による過剰弾圧と「黑社會」(暴力団)との癒着を批判する者が使用する、香港の警察への呼称。
    3. ^ 訳注:中国語の部分は「送中(逃亡犯条例改正案)の全面撤回」「私たちは暴動をしていない」「学生の怪我人を釈放せよ」「林鄭は辞任せよ」の意味。
    4. ^ 「悲しく痛恨」の意味[47]
    5. ^ 訳注:「悪法を撤回せよ」の意味。

    出典

    1. ^ “通宵佔據夏慤道示威者撤離 部分民眾轉往立會外集會” (中国語). 無綫新聞. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617094715/http://news.tvb.com/local/5d071e8ce603830b1fd32c5c 2019年6月17日閲覧。
    2. ^ “林鄭月娥:向市民致歉,無重啟修例時間表 未回應民陣訴求” (中国語). 立場新聞. (2019年6月16日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617092514/https://www.thestandnews.com/politics/%E6%9E%97%E9%84%AD%E6%9C%88%E5%A8%A5%E8%87%B4%E6%AD%89/ 2019年6月16日閲覧。
    3. ^ a b c d Hong Kong protests: Measuring the mass” (英語). ロイター (2019年6月20日). 2019年7月11日閲覧。
    4. ^ a b c “How A.I. Helped Improve Crowd Counting in Hong Kong Protests” (英語). New York Times. (2019年7月3日). https://www.nytimes.com/interactive/2019/07/03/world/asia/hong-kong-protest-crowd-ai.html 2019年7月11日閲覧。
    5. ^ a b 姚松炎 (2019年6月16日). “點算遊行人數的簡化方程式” (中国語). 2019年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月11日閲覧。
    6. ^ a b c 雷鼎鳴 (2019年6月25日). “6月16日的遊行” (中国語). 晴報. 2019年7月11日閲覧。
    7. ^ a b 緩「送中」記招句句辣㷫全港市民 留言粗口比率達13%” (中国語). 眾新聞 (2019年6月19日). 2019年7月11日閲覧。
    8. ^ “民陣周日黑衣遊行 警拒三線齊發 倘人多開6車線 2000警力相若上次”. 明報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616171255/https://news.mingpao.com/pns/%e8%a6%81%e8%81%9e/article/20190615/s00001/1560537726049/%e6%b0%91%e9%99%a3%e5%91%a8%e6%97%a5%e9%bb%91%e8%a1%a3%e9%81%8a%e8%a1%8c-%e8%ad%a6%e6%8b%92%e4%b8%89%e7%b7%9a%e9%bd%8a%e7%99%bc-%e5%80%98%e4%ba%ba%e5%a4%9a%e9%96%8b6%e8%bb%8a%e7%b7%9a-2000%e8%ad%a6%e5%8a%9b%e7%9b%b8%e8%8b%a5%e4%b8%8a%e6%ac%a1 2019年6月15日閲覧。
    9. ^ 民間人權陣線 (2019年6月14日). “「譴責鎮壓,撤回惡法」大遊行” (中国語). Facebook. 2020年6月19日閲覧。
    10. ^ 林鄭月娥、李家超如何害了警隊 孤立年輕人?” (中国語). 香港01 (2019年7月3日). 2019年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
    11. ^ “影像回顧:激盪六月,香港人的反修例運動” (中国語). 端傳媒報. (2019年7月1日). オリジナルの2019年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190703092534/https://theinitium.com/article/20190701-hongkong-photo-june-anti-extradition-bill/ 2019年7月12日閲覧。
    12. ^ “Today’s Paper The Times in Print For June 17, 2019”. New York Times. (2019年6月17日). https://www.nytimes.com/issue/todayspaper/2019/06/17/todays-new-york-times 2019年7月13日閲覧。
    13. ^ “The Washington Post 2019-06-17”. The Washington Post. (2019年6月10日). https://www.pressreader.com/usa/the-washington-post/20190617 2019年7月13日閲覧。
    14. ^ a b 如何統計「七一大遊行」人數” (中国語). rthk (2003年7月15日). 2019年7月12日閲覧。
    15. ^ “民陣遊行 警方稱最高峰時有33.8萬人 - RTHK” (中国語). news.rthk.hk. https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1463266-20190616.htm
    16. ^ a b c 香港遊行人數統計和輿論「制高點」之爭” (中国語). BBC中文網 (2019年6月26日). 2019年7月12日閲覧。
    17. ^ a b c 為什麼警方與民間統計的遊行人數差總是很大?沒關係,讓AI算” (中国語). 未來城市@天下 (2019年7月6日). 2019年7月12日閲覧。
    18. ^ a b c Stapleton, Paul (2019年6月16日). “How protest turnout figures are manipulated on both sides of Hong Kong’s political divide” (英語). Hong Kong Free Press. 2019年7月12日閲覧。
    19. ^ a b 用AI準確統計遊行人數 (吳歷山)” (中国語). 信報 (2019年6月29日). 2019年7月11日閲覧。
    20. ^ Torode, Greg「焦点:香港大規模デモ、火種となった「引き渡し条例」とは何か」『Reuters』、2019年6月10日。2020年6月9日閲覧。
    21. ^ “港女來台失蹤 同行男友坦承殺人裝行李箱棄屍” (中国語). 自由時報. (2018年3月13日). https://news./news/society/breakingnews/2364354
    22. ^ “【殺人棄屍】港、台無司法互助難控疑犯謀殺 警今午晤律政司急研對策” (中国語). 蘋果日報. (2018年3月14日). オリジナルの2019年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190507090021/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20180314/57945599
    23. ^ 修訂有關逃犯及法律協助條例填補法律缺陷” (中国語). www.sb.gov.hk. 2019年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月28日閲覧。
    24. ^ “商人、社工、民運人士,《逃犯條例》修訂後,誰將成為「逃犯」?” (中国語). 端傳媒. (2019年4月18日). オリジナルの2019年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190423003646/https://theinitium.com/article/20190418-hongkong-fugitive-offenders-ordinance/ 2020年6月9日閲覧。
    25. ^ “保安局認修例助內地沒收在港財產 金融界憂大舉走資” (中国語). 蘋果日報. (2019年5月15日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190515/59604262
    26. ^ 反《逃犯條例》修訂戰役時序” (中国語). 立場新聞 (2019年5月31日). 2019年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月12日閲覧。
    27. ^ “民陣批評政府如玩「極限挑戰」 將會持續舉行集會”. 香港電台. (2019年6月10日). オリジナルの2019年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190611135630/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1461889-20190610.htm 2019年6月10日閲覧。
    28. ^ “泛民力阻修例 民陣號召圍堵 立會抗爭 明日內外開戰”. 蘋果日報. (2019年6月11日). https://hk.news.appledaily.com/local/daily/article/20190611/20700938 2019年6月11日閲覧。(要登録)
    29. ^ 【逃犯條例】修例恢復二讀再押後!秘書處文件:會議不會今天舉行”. 香港01 (2019年6月13日). 2019年6月13日閲覧。
    30. ^ “【反送中】反送中示威持續 警方至今拘捕最少11人【不斷更新】”. 香港經濟日報. (2019年6月13日). https://topick.hket.com/article/2375516/%E3%80%90%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%91%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E7%A4%BA%E5%A8%81%E6%8C%81%E7%BA%8C%E3%80%80%E8%AD%A6%E6%96%B9%E8%87%B3%E4%BB%8A%E6%8B%98%E6%8D%95%E6%9C%80%E5%B0%9111%E4%BA%BA%E3%80%90%E4%B8%8D%E6%96%B7%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%80%91?mtc=20023 2019年6月13日閲覧。
    31. ^ “香港民陣擬16日再遊行 繼續反送中反警方施暴”. 中央通訊社. (2019年6月13日). https://www.cna.com.tw/news/acn/201906130261.aspx 2019年6月13日閲覧。
    32. ^ “民陣稱星期日再發起遊行促政府撤回逃犯修訂”. 香港電台. (2019年6月13日). オリジナルの2019年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190614131050/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1462665-20190613.htm 2019年6月13日閲覧。
    33. ^ HK suspends fugitive bill work” (英語). news.gov.hk (2019年6月15日). 2020年6月14日閲覧。
    34. ^ 民間人權陣線 (2019年6月15日). “林鄭:暴力鎮壓天經地義” (中国語). Facebook. 2020年6月17日閲覧。
    35. ^ “反修例黃衣男太古廣場危站五小時墮地 送院不治”. 香港01. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616145605/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/341018/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%8F%8D%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E9%BB%83%E8%A1%A3%E7%94%B7%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3%E5%A0%B4%E5%8D%B1%E7%AB%99%E4%BA%94%E5%B0%8F%E6%99%82%E5%A2%AE%E5%9C%B0-%E9%80%81%E9%99%A2%E4%B8%8D%E6%B2%BB 2019年6月15日閲覧。
    36. ^ “【逃犯條例】反修例黃衣男太古廣場危站五小時墮地 送院不治” (中国語). 香港01 (香港). (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616145605/https://www.hk01.com/%E7%AA%81%E7%99%BC/341018/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E5%8F%8D%E4%BF%AE%E4%BE%8B%E9%BB%83%E8%A1%A3%E7%94%B7%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3%E5%A0%B4%E5%8D%B1%E7%AB%99%E4%BA%94%E5%B0%8F%E6%99%82%E5%A2%AE%E5%9C%B0-%E9%80%81%E9%99%A2%E4%B8%8D%E6%B2%BB 2019年6月17日閲覧。
    37. ^ “太古廣場平台掛「反送中」橫額 男子墮樓送院不治” (中国語). 明報 (香港). (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617101233/https://news.mingpao.com/ins/%E6%B8%AF%E8%81%9E/article/20190615/s00001/1560593988115/%E5%A4%AA%E5%8F%A4%E5%BB%A3%E5%A0%B4%E5%B9%B3%E5%8F%B0%E6%8E%9B%E3%80%8C%E5%8F%8D%E9%80%81%E4%B8%AD%E3%80%8D%E6%A9%AB%E9%A1%8D-%E7%94%B7%E5%AD%90%E5%A2%AE%E6%A8%93%E9%80%81%E9%99%A2%E4%B8%8D%E6%B2%BB 2019年6月15日閲覧。
    38. ^ “【引渡惡法】男子太古廣場掛反送中橫額墮樓亡 朱耀明到場獻花悼念”. 蘋果日報. (2019年6月15日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616083538/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20190615/59719455 2019年6月15日閲覧。(要登録)
    39. ^ “【逃犯條例】維園球場企滿黑衣人潮 多個港鐵站實施人潮管制措施” (中国語). 香港01 (香港). (2019年6月16日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617101945/https://www.hk01.com/%E7%A4%BE%E6%9C%83%E6%96%B0%E8%81%9E/341143/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E7%B6%AD%E5%9C%92%E7%90%83%E5%A0%B4%E4%BC%81%E6%BB%BF%E9%BB%91%E8%A1%A3%E4%BA%BA%E6%BD%AE-%E5%A4%9A%E5%80%8B%E6%B8%AF%E9%90%B5%E7%AB%99%E5%AF%A6%E6%96%BD%E4%BA%BA%E6%BD%AE%E7%AE%A1%E5%88%B6%E6%8E%AA%E6%96%BD 2019年6月16日閲覧。
    40. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “多個港鐵站及列車迫滿身穿黑衣市民 港鐵實施人潮管制”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    41. ^ “港島綫列車已恢復在天后站上落客”. 香港電台. (2019年6月16日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616075810/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1463180-20190616.htm 2019年6月16日閲覧。
    42. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “港鐵:天后站月台過於擠迫 個別列車或不停天后站”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    43. ^ “【引渡惡法】港鐵車長車廂嗌咪: 代埋我去,香港人要加油!” (中国語). 蘋果日報 (香港). (2019年6月16日). オリジナルの2019年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190616080456/https://hk.news.appledaily.com/breaking/realtime/article/20190616/59721478 2019年6月16日閲覧。
    44. ^ a b 香港01 (2019年6月16日). “【逃犯條例.交通持續更新】屯門300人等巴士出港島 小輪排長龍”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    45. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “紅磡過海隧巴站大批身穿黑衣市民候車準備參與民陣遊行”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    46. ^ 蘋果日報 (2019年6月16日). “【引渡惡法】1公里黑衣人龍仍等上船 天星碼頭排到星光大道”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    47. ^ 現代の香港を知るキーワード888』小柳淳、三修社、2007年7月、144頁(日本語)。ISBN 978-4-384-01198-2
    48. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “民陣反修例遊行提早起步 高士威道來回行車線全封”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    49. ^ “【現場報道‧炮台山】英皇道部分行車線封閉”. Now新聞台. (2019年6月16日). https://hk.news.yahoo.com/video/%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E5%A0%B1%E9%81%93-%E7%82%AE%E5%8F%B0%E5%B1%B1-%E8%8B%B1%E7%9A%87%E9%81%93%E9%83%A8%E5%88%86%E8%A1%8C%E8%BB%8A%E7%B7%9A%E5%B0%81%E9%96%89-090702629.html 2019年6月18日閲覧。
    50. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “警方對遊行安排較上周寬鬆 行車線全開市民可沿途插隊”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    51. ^ 明報 (2019年6月16日). “【逃犯條例】多名黑衣市民獻花悼念太古廣場墮樓亡示威者”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    52. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “市民於太古廣場反修例男子墮斃現場獻花及致意”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    53. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “民陣遊行龍頭起步一小時後抵達終點添美道”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    54. ^ 蘋果日報 (2019年6月16日). “民陣糾察宣佈因遊行人士眾多,已開放駱克道,在場人士歡呼”. 2020年6月19日閲覧。
    55. ^ a b c d 香港01 (2019年6月16日). “【逃犯條例﹒持續更新﹒直播】龍頭到金鐘 罕有開告士打道行車線”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    56. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “駱克道全部行車線開放予遊行人士”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    57. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “民陣添美道集會 市民自由進出立法會示威區”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    58. ^ 蘋果日報 (2019年6月16日). “【港人驕傲】「200萬+1」反送中遊行 塑造美麗的香港”. 2020年6月19日閲覧。
    59. ^ a b 香港電台 (2019年6月16日). “仍有市民經維園到糖街加入遊行隊伍”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    60. ^ 香港01 (2019年6月16日). “【逃犯條例】遊行人士佔夏慤道 讓路供巴士離開 疏導受困車輛”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    61. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “遊行人士眾多越過原有遊行路線 佔據夏慤道行車線”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    62. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “民陣遊行龍尾灣仔修頓球場附近”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    63. ^ a b 香港電台 (2019年6月16日). “民陣遊行龍尾晚上約11時抵達金鐘太古廣場”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    64. ^ “林鄭月娥:向市民致歉,無重啟修例時間表 未回應民陣訴求”. 立場新聞. (2019年6月16日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617065855/https://www.thestandnews.com/politics/%E6%9E%97%E9%84%AD%E6%9C%88%E5%A8%A5%E8%87%B4%E6%AD%89/ 2019年6月16日閲覧。
    65. ^ 【金鐘現場】 (2330)示威者痛罵無綫電視,不滿無綫的新聞報道偏頗。 - Campus TV, HKUSU 香港大學學生會校園電視”. 2020年2月3日閲覧。
    66. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “午夜後仍有大批市民聚集夏慤道 佔據行車線”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    67. ^ 香港電台 (2019年6月16日). “大批市民繼續留守夏慤道添華道及龍和道一帶”. 2019年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月16日閲覧。
    68. ^ “與夏慤道示威人士僵持1小時 警員暫時撤離” (中国語). 香港: 香港電台. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617025332/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1463314-20190617.htm 2019年6月17日閲覧。
    69. ^ “【暫不清場】警勸離不果撤退 數百示威者續佔夏慤道” (中国語). 香港: 立場新聞. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617094325/https://thestandnews.com/politics/%E6%9A%AB%E4%B8%8D%E6%B8%85%E5%A0%B4-%E8%AD%A6%E5%8B%B8%E9%9B%A2%E4%B8%8D%E6%9E%9C%E6%92%A4%E9%80%80-%E6%95%B8%E7%99%BE%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E7%BA%8C%E4%BD%94%E5%A4%8F%E6%85%A4%E9%81%93/ 2019年6月17日閲覧。
    70. ^ “留守夏慤道示威者轉往立法會外及添美道行人路繼續集會” (中国語). 香港: 香港電台. (2019年6月17日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617025331/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1463339-20190617.htm 2019年6月17日閲覧。
    71. ^ 彭毅詩; 鄭榕笛; 王潔恩; 陳淑霞; 王珮殷; 鄺曉斌; 陳潤南; 李偉欣 (2019年6月17日). “留守夏慤道示威者轉往立法會外及添美道行人路繼續集會” (中国語). 香港01 (香港). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617102950/https://www.hk01.com/%E6%94%BF%E6%83%85/341130/%E9%80%83%E7%8A%AF%E6%A2%9D%E4%BE%8B-%E6%8C%81%E7%BA%8C%E6%9B%B4%E6%96%B0-%E5%A4%A7%E6%89%B9%E7%A4%BA%E5%A8%81%E8%80%85%E5%8C%85%E5%9C%8D%E7%89%B9%E9%A6%96%E8%BE%A6-%E7%99%B1%E7%98%93%E9%BE%8D%E5%92%8C%E9%81%93 2019年6月17日閲覧。
    72. ^ “逃犯條例:約百名示威者留守特首辦一帶 龍和道仍封路” (中国語). 香港: 東方日報. (2019年6月18日). オリジナルの2019年6月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190617184000/https://hk.on.cc/hk/bkn/cnt/news/20190618/bkn-20190618000001944-0618_00822_001.html 2019年6月18日閲覧。
    73. ^ “龍和道重開 特首辦對出添華道仍然封閉”. 香港電台. (2019年6月18日). オリジナルの2019年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190618004100/https://news.rthk.hk/rthk/ch/component/k2/1463510-20190618.htm 2019年6月18日閲覧。
    74. ^ Bradsher, Keith (19 June 2019). "林鄭月娥就引渡法案公開道歉" (中国語). New York Times. 2020年7月24日閲覧
    75. ^ "林鄭道歉 不下台不撤回 議員批沒鞠躬問責 民陣民主派商行動" (中国語). 明報. 19 June 2019. 2020年7月24日閲覧
    76. ^ Kwan, Shawna; Lee, Annie (18 June 2019). "林鄭月娥發表個人道歉 暗示不會辭職" (中国語). Bloomberg Businessweek. 2020年7月24日閲覧
    77. ^ Wong, Sue-Lin; Liu, Nicolle (19 June 2019). "林鄭月娥再度道歉但拒絕辭職" (中国語). Financial Times. 2020年7月24日閲覧
    78. ^ a b 【反送中】促政府明午 5 時限期前回應四大訴求 大專學界:否則升級圍政總” (中国語). 立場新聞 (2019年6月19日). 2020年6月19日閲覧。
    79. ^ 【逃犯條例】網民設死線促回應4訴求 特首辦:行政長官已回應” (中国語). 香港01 (2019年6月20日). 2020年6月19日閲覧。
    80. ^ “【引渡惡法】民間最後通牒時限屆滿 政總基於保安明日暫停開放(附行動升級「懶人包」)” (中国語). 蘋果日報. (2019年6月20日). https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20190620/59737136 2020年6月19日閲覧。
    81. ^ 香港デモ参加者数、主催者200万人・警察33万8000人、正しいのはどっち?海外メディアが推計試みる” (日本語). Biglobe news (2019年6月28日). 2019年7月12日閲覧。
    82. ^ 焦点:香港デモで食い違う参加者数、正しい推計値の求め方” (日本語). ロイター (2019年6月21日). 2019年7月12日閲覧。
    83. ^ 主催者200万人・警察33万8千人と食い違う香港デモ参加者数 正しいのはどちら?” (日本語). Newsweek日本版 (2019年6月25日). 2019年7月12日閲覧。
    84. ^ 6.9 遊行人數的啟示和反思” (中国語). 立場新聞 (2019年6月13日). 2019年7月13日閲覧。
    85. ^ 6‧16遊行人數飈 大數據系統早猜出 稱政府漠視輿情 開發者:分析助解公關災難” (中国語). 明報 (2019年6月26日). 2019年7月11日閲覧。
    86. ^ 修例風波:警憂再有200萬人參與 民陣周日遊行上訴失敗” (中国語). on.cc. 東網 (2019年9月13日). 2019年9月15日閲覧。
    87. ^ 民陣遊行上訴駁回 警:再200萬人難保秩序 - 20190914 - 要聞” (中国語). 明報新聞網 - 每日明報 daily news. 明報 (2019年9月14日). 2019年9月15日閲覧。

    関連項目

    外部リンク



    本页面最后更新于2020-11-21 20:46,点击更新本页查看原网页

    本站的所有资料包括但不限于文字、图片等全部转载于维基百科(wikipedia.org),遵循 维基百科:CC BY-SA 3.0协议

    万维百科为维基百科爱好者建立的公益网站,旨在为中国大陆网民提供优质内容,因此对部分内容进行改编以符合中国大陆政策,如果您不接受,可以直接访问维基百科官方网站


    顶部

    如果本页面有数学、化学、物理等公式未正确显示,请使用火狐或者Safari浏览器